論文「インターネット利用は人びとの排外意識を高めるか」

※以下は論文の要旨です: » 論文PDFダウンロード

インターネット利用は人びとの排外意識を高めるか
―― 操作変数法を用いた因果効果の推定

辻 大介, 2018, 『ソシオロジ』63巻1号(通巻192号), pp.3-20.

1. 問題の所在とその背景
2. インターネットと排外主義――関連先行研究
3. 調査の概要と排外/反排外意識に関する尺度構成
4. 分析の方法――双方向因果モデル
5. 分析に用いる変数
6. 分析結果
7. 結論と今後の課題
参考文献 / 注 / Abstract

要旨

 日本では、2000年代に入ってインターネット上で排外主義的な言説が急速な広がりをみせ、ネット右翼を母体とする「在特会」のようなヘイト団体の活動が深刻な社会問題となるに至った。インターネットが排外主義者を結びつけ、活動を促進させる触媒の役割をはたすことは、先行研究でも確認されている。しかしながら、そうした一部の活動家集団だけでなく、一般層に対しても、ネット利用は排外意識を高めるような因果的作用をおよぼすのだろうか。このことを計量的な社会調査データをもとに分析した検証例はきわめて少ないうえに、それらもネット利用と排外意識が正の相関をもつことを見いだしたにとどまり、因果の向きは明らかでない。

 そこで本稿では、2017年11月に実施したウェブ調査データをもとに、操作変数法を用いた双方向因果モデルによって、[i]ネット利用が排外意識を強めるのか、それとも、[ii]排外意識の強い者ほどネットをよく利用するのか、因果の向きを分析した。その結果、[i]の向きのパスは有意な係数値を示し、正の因果効果が認められたが、[ii]の向きのパスは有意でなく、因果効果は支持されなかった。

 また興味深いことに、ネット利用は反排外的な意識を高める因果効果も同時に有していることが確認された。追加分析の結果から、この相反的な二方向への同時効果は、情報や他者への選択的接触によって生じている可能性――すなわち、排外意識を先有傾向としてもつ者は、ネット上で排外主義的な情報や他者により多く接触することによって、その影響をより強く受け、反排外意識をもつ者はその逆であること――が示唆された。

Abstract

In Japan xenophobic discourse has spread on the Internet widely and rapidly since around 2000. Cyber racists have organized hate groups such as Zaitoku-kai, and their activities, held not only online but also offline (e.g. hate demonstrations on the street), which seriously threaten Japanese-Koreans and other ethnic minorities, have been a great social problem up to the present. Some qualitative studies found that the Internet plays the role of a catalyst which connects racists to each other, and activates their xenophobic attitudes and behaviors. However, setting aside such particular hate group activists, does the use of the Internet make people in general more racist? There are no previous quantitative studies based on survey research data to examine a causal relation, not a mere correlation, of Internet use to racist attitudes.

To answer this research question I conducted a web-based questionnaire survey in November 2017, and analyzed the data by a synchronous effects model incorporating the instrumental variables. The results showed that the amount of Internet use has a significantly positive causal effect on the pro-attitude-toward-racism scale (i.e. greater use of the Internet leads to a more racist attitude), while the pro-attitude has no significant causal effect on Internet use.

Interestingly, I also found that the amount of Internet use has a significantly positive causal effect as well as on the contra-attitude-toward-racism scale. The results of some additional analyses suggested that this bi-directional effect of Internet use on the pro/contra-attitudes can be interpreted as a bi-polarization effect brought by selective exposure to information on the Internet. It means that those who have a pro-racist predisposition prefer to access more information favorable to racism, and therefore they are more likely to be affected by such information, while the opposite is true in the case of those who have a contra-racist predisposition.

Daisuke TSUJI, 2018,
Does Use of the Internet Make People More Racist?:
A Causal Analysis Based on a Synchronous Effects Model Using the Instrumental Variable Method

Soshioroji, Vol.63-No.1, pp.3-20.

NO IMAGE

html ページをモバイル対応に

何となく面倒なんだろうなと思い込んでいたが、この記事とかこの記事とかを読むと css をいじるだけでほぼ済むらしい。自分の論文公開用 html ページはさほど複...